副業

【実体験】FBAの真贋調査とクレーム型の対処法について解説!

こんにちはー!めるりっくです。

Amazon FBAで一番怖いのは、間違いなく真贋調査ですよね。

真贋調査のリスクを考慮して、買取屋やフリマを販路にしている方も多いと思います。

  • 真贋調査が怖いから、Amazon FBAを始められない…
  • 真贋調査って実際どういうものなの?
  • どうやって対策しているの?

という悩みを解決する記事です。

この記事では真贋調査の概要だけでなく、真贋調査の体験談も解説します。

ぜひ最後までご覧ください。

めるりっく

知識をしっかり蓄えて、真贋調査の対策をしよう!

FBAに興味がある方は、以下の記事も見てね!

関連記事
【Amazon FBA】始めて分かった!良いとこ5つとダメなとこ3つ

続きを見る

Amazon FBAの真贋調査とは?

真贋調査はその名の通り、出品している商品が本物(正規品)か偽物かをAmazonが調査することです。

真贋調査は以下の3種類に分類されます。

真贋調査の種類

  1. 購入者のクレーム型…購入者のクレームから真贋調査に発展
  2. メーカーのクレーム型…正規販売店や製造メーカーが出品している商品を出品
  3. ランダムピック型…新規出品者はランダムピック型の真贋調査が来やすい

真贋調査と一言で言っても、3つの種類があります。

種類を理解するだけでも、真贋調査が来た際に適切な処置に近づきます。

めるりっく
僕に来たのはクレーム型だよ!

【実体験】購入者のクレームで真贋調査に

購入者のクレームで真贋調査のメールがアカウントスペシャリストから届きました。

真贋調査で連絡が来るAmazonの部署は2種類です。

真贋調査で連絡が来る部署

  • アカウントヘルスサポート
  • アカウントスペシャリスト

アカウントスペシャリストのメールは定型文で、文章からは人間味をあまり感じません。

せどらー界隈では非常に恐れられてます。

アカウントスペシャリストから実際に届いた真贋調査のメール全文を掲載します。(クリックで拡大可)

僕の場合は『中古の疑いがある』という内容でした。

これが『偽物の疑いがある』ですと、もっと苦慮したのではないかと今では思います。

めるりっく

正直、競合からの嫌がらせの可能性も非常に考えられます。

しかし、真摯に対応していきましょう!

Amazonから求められる対応内容

真贋調査で実際に報告を求められた内容を下記します。

  1. 購入者からの苦情につながったと思われる問題の選択
  2. 問題の説明
  3. 今後の苦情を防ぐために実行する手順
  4. 過去の販売個数と一致した仕入時の領収書

それぞれ以下にて詳細記載します。

①~③は、連動した説明になるのが望ましいと感じました。

①購入者からの苦情につながったと思われる問題の選択

真贋調査では原因は自分にある『原因自分論』で考えないといけません。

『クレームしてきた人がおかしい!』と言いたくなる気持ちも分かりますが、何故クレームに繋がったのかを原因自分論で考えてください。

その中で最適な問題点を複数選択しましょう。

②問題の説明

①で選択した問題がどのような問題だったのか、具体的に説明しましょう。

参考例

商品の梱包方法に関する問題…輸送時の擦り傷などを軽減する緩衝材が隙間なく入れられていなかった

めるりっく

真摯に謝意を込めて文章を作りましょう。

報告を受理する側も人間です。

③今後の苦情を防ぐために実行する手順

②の具体的な問題に対してどのように対処して、今後どう改善するのか記載します。

めるりっく
暫定対策ではなく、恒久対策を記載しましょう!

④過去の販売個数と一致した仕入時の領収書

アカウントスペシャリストからのメールには請求書または領収書と記載があったため、領収書を用意しました。

また、領収書だけでなく仕入時に付属されている納品書も用意しました。

納品書がないと駄目かは分かりませんが、仕入の正当性を証明できる書類は多いに越したことはありません。

楽天での仕入れの際は、以下の手順で領収書を入手しましょう。

楽天市場で領収書を用意する方法

『購入履歴』⇒領収書が欲しい商品の『注文詳細を表示』⇒『領収書を発行する』

めるりっく

Amazonでの販売数と一致した領収書を用意しましょう。

領収書の宛名は記載無しでも問題なかったよ!

まとめ:真贋調査対策は常日頃から意識しよう

ここまでご覧になっていただいた方は、クレーム型の真贋調査対応方法が理解できたと思います。

『中古』というクレームであれば手元に領収書と納品書を用意しておきましょう。

まとめ

  • 真贋調査とは出品商品が本物(正規品)か偽物かをAmazonが調査することで、種類は3つ
    1. 購入者のクレーム型…購入者のクレームから真贋調査に発展
    2. メーカーのクレーム型…正規販売店や製造メーカーが出品している商品を出品
    3. ランダムピック型…新規出品者はランダムピック型の真贋調査が来やすい
  • 真贋調査の部署は2つで、アカウントスペシャリストからメールが来た際は要注意
    • アカウントヘルスサポート
    • アカウントスペシャリスト
  • Amazonから真贋調査で求められる対応内容は以下の通り
    1. 購入者からの苦情につながったと思われる問題の選択
    2. 問題の説明
    3. 今後の苦情を防ぐために実行する手順
    4. 過去の販売個数と一致した仕入時の領収書

真贋調査は正直かなり肝を冷やします。

ですが、リスクを取らないとリターンを得られないのは投資も副業も同じです。

Amazonを販路に持つことで利益率・利益額は飛躍的に上がりますので、チャレンジしてみてください。

ではまたー!

関連記事
【Amazon FBA】簡単に利益が分かる料金シミュレーター解説

続きを見る

-副業
-, ,

© 2021 MelBlog Powered by AFFINGER5